「世田谷にコレクティブハウスを実現する会」について
いつできたのか、どんなことをやってきたのかお知らせします

「世田谷にコレクティブハウスを実現する会」は、住まい手である私たち一人一人が主体的に関わることで楽しく皆がいきいきできるコミュニティを作り出せるような住宅づくりを世田谷に実現させようとしてできた会です。1998年6月に発足し、7月の住まいづくり学校「私も住みい!世田谷コレクティブハウジング」に参加した人たちの中から仲間も増え、9月に行われた第一回の集会時には会員数30名を超えました。

従来の住宅概念、家族概念にとらわれない住まいづくりを目指す研究グループALCCのメンバーも活躍中。世田谷まちづくりセンターも応援してくれています。

2000年1月現在、会員は52名。20代から80代までの多世代メンバーです。コレクティブハウスが実現すればすぐにでも住みたい人たちと、コレクティブハウスの社会的重要性を考え、実現のサポートをしたい人たちの集まりです。

主な活動
2000年
1月 新年会。キャロットタワーのキッチンでコレクティブクッキング。大勢のゲストも迎え、活動報告と新しい方針を語り合う。
3月 世田谷まちづくりセンター「住まいづくり学校−長屋風マンションを訪ねてみよう」ガイダンスと見学会に協力・参加
5月〜 4ヶ月間パンフレットづくりに向けてのシミュレーションワークショップを行う
9月 パンフレットづくり開始。いよいよ積極的に地主さんを探す段階に来て、パンフレットの目次から話し合い、それぞれの項目を分担して作成。
10月 NPOコレクティブハウジング社の設立準備に会員有志が参加。2月認証。
世田谷都市整備公社まちづくりセンターからコレクティブ住宅についての調査を受託
11月 世田谷まちづくりファンド中間発表報告
12月 忘年会
1999年
1月 会員の狩野さん、NHKテレビ「おとことおんなの住居学」出演、コレクティブハウスの意義を語る。
新年会開催。会員、その家族、友人など40名以上が出席、ビールも入って会場は熱気でいっぱい。
3月 世田谷まちづくりセンター主催「広がる市民発意の集合住宅づくり」シンポジウムに参加。
4月 KSNC(暮らしと住まいのネットワークセンター)フォーラム「参加の住まいづくりグループ大集合‘99・・自分らしい住まい・自分らしい暮らしが見つかるよ!!」に参加。
7月 世田谷区住宅計画課長さんとの懇談会。コレクティブハウスの実現に向けて世田谷区が可能な公的支援について、会員からの質問も交えながら懇談。
10月 土地探し。世田谷区画整理地区(岡本・祖師谷)見学、その後各地区再調査まち歩き実施。
1998年
6月 設立
7月〜8月 会員募集、公益信託 世田谷まちづくりファンド助成決定
9月〜10月 毎月会員総会開催 北欧のコレクティブハウス、スライド試写など勉強会
11月〜12月 「私たちのコレクティブハウスを形にしよう」日本女子大学住居学科と合同ワークショップ(3回)平面図、模型作成
11月 世田谷まちづくりファンド中間発表
9月〜12月 ニュースレター発足(1号〜3号)
12月 会員アンケート実施




最初に戻る

ご意見・ご感想は:setacolle@chc.or.jp まで